転職活動

転職活動をしていると、スケジュールの調整をしていても、面接の日取りがだぶってしまう場合があります。場合によっては、次の面接が控えている中で先に受けた企業への就職が決まってしまうと言うケースもあります。

一度は応募をして、採用試験を受けていた企業でも、別な企業への採用が決まった後は、面接辞退もありでしょう。既に次の面接の期日が決定している時に、辞退の連絡をしなければいけない時は、どうすれば失礼にならないでしょう。正式に採用が決定したなら、できるだけ早く連絡をすることで、かかるる迷惑を減らせます。

連絡を先延ばしにして、ぎりぎりまで何も言わないという態度はよくありません。前日や当日のキャンセルは問題です。何の連絡もせず、当日面接の場所に行かないという態度は、社会仁に求められるマナーを持っていない人という扱いになります。辞退することにした場合は、できるだけ早めに企業にその旨を伝える事が大切です。断りの連絡を入れる時は、電話でなくても、メールを出せばいいとは言われています。

しっかり連絡をしたいという場合は、メールの後に電話をしたほうが好ましく、相手会社の気分もいいと考えられます。転職先の会社が、業種が同じだったり、いつか何らかのつながりができてくるだろうと思っているなら、丁寧な態度で接することは意味があることです。もしも、相手企業が辞退の理由を聞いてきたら、特に内密にするべき事柄でもないので、話してしまっていいでしょう。事実をそのまま話してしまっても、本人に落ち度はありませんので、聞かれたままに回答するようにしましょう。

美味しい訳ありの松葉ガニ